*小説(国内)

2012年11月28日 (水)

ダイアログ・イン・ザ・ダーク/乙一

乙一センセイ、面白かったですが、音で聞くには怖すぎます・・・
栗山千秋さん、ごめんなさい。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)
乙 一 釣巻 和 栗山 千明
4061388428

2012年2月26日 (日)

書き下ろし日本SFセレクション NOVA5

大森望責任編集。
新作書き下ろし中篇を8つ集めたSFアンソロジー。ここまできちんと「SF」と銘打たれたものを読むのって、すごく久しぶりな気がする。
小説よりも現実の方がよほどスリルとアドベンチャーに満ちた昨今、サイエンス・フィクションの行く道はなかなか大変だ。  

好みで星をつけるなら、「スペース金融道/宮内悠介」が星5つ。初めて読んだ作家さんだけれど、面白かった。これだからアンソロジーは楽しいね。
そしてその他の星取表。

ナイト・ブルーの記憶/上田早夕里  ****
愛は、こぼれるqの音色/図子慧  ***
凍て蝶/須賀しのぶ  ***
三階に止まる/石持浅海  ****
アサムラール/友成純一  *
スペース金融道/宮内悠介  *****
火星のプリンセス 続/東浩紀  ---
密使/伊坂幸太郎  ****

つまり石持浅海と伊坂幸太郎につられたわけですが、この人たちは期待通り面白かったです。
それから図子慧。私が季刊コバルトを読んでいた時代に、コバルト・ノベル大賞を受賞した方ですよ。受賞作が海の上で始まる話だったのを覚えてる(それしか覚えてない)。まだ書いていたとは、ちょっと嬉しい。
「火星のプリンセス」は続きモノの途中らしいので、今回はパス。前作を読む機会があったら続けて読むかもしれないけど、今のところ予定なし。

NOVA 5---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)
東 浩紀 伊坂 幸太郎 石持 浅海 上田 早夕里 須賀 しのぶ 図子 慧 友成 純一 宮内 悠介 大森 望
4309410987

2011年6月27日 (月)

欲ばりたい女たち/白石 まみ

32才の女が4人。

なんだまだまだ若いじゃん、と今なら思いもするけれど、実は女の人生には5年ごとにメモリがついていて、35のメモリはなかなか大きい。産むのか産まないのか、産めるのか産めないのか。いえいえ、40前後で出産している人もめずらしくはない昨今ですよ。わかってますわかってます、でも、自分の人生にコドモを存在させたいのかどうかは、年齢が上がるほど自分で判断しなくちゃならないでしょ。そもそも一人じゃ作れないし。

というようなことをつらつら考えてしまうお話です。年齢によって、立ち位置によって、楽しみポイントが違うんじゃなかろうか。30代って色々面倒なんだよね。

なんとなく「女たちのジハード 」を思い出したけれど、あれも読んだの20代の頃だったからなー、今読んだらだいぶ印象が違うのかもしれない。

帯コピーがなかなか素敵。「みんな手にしてるのに、なぜ私だけ。」
幸せは、人と比べるものではありません、と言われつつ自らにも言い聞かせつつ、それでもやっぱり思うことはあるのでね。特に私なんて基本属性卑屈だし。

20代女子は安心して、30代女子は警戒して、40代女子は諦観して読みましょう。

欲ばりたい女たち
白石 まみ
4344019873

2011年5月 8日 (日)

謎解きはディナーのあとで/東川篤哉

(笑) ←感想。

読みたい人、貸しますよ~。

---
(追記)
いや、ほどほどに面白いです。
本屋大賞受賞は違和感があるけど。

謎解きはディナーのあとで
東川 篤哉
409386280X

2011年4月17日 (日)

箱庭図書館/乙一

シロートさんがまとめきれなかったお話を、乙一センセイがリメイクしちゃいましょう、という企画により出来上がった短編集。

「GOTH」っぽいのがあったり「しあわせは子猫のかたち」っぽいのがあったり、なかなか多彩で面白かった。「青春絶縁体」が一番好みです。

でも、潮音さん、そんなことやってたら、絶対あなたどこかで死にます。

箱庭図書館
乙一
4087713865

2011年4月11日 (月)

フィッシュストーリー/伊坂幸太郎

泥棒の黒澤サンが好きなので。出番が多くてなによりです。でも、一番好きだったのは、表題作「フィッシュストーリー」。

ところでこれ、私の本棚に単行本と文庫が両方あって。出版時系列から見るに、「陽気なギャングの日常と襲撃」より後に出た伊坂本、私あんまり読んでない。というか、「あるキング」しか読んでない。でも大体、本棚にはある。自分でも何を読んだかわからなくなっちゃって、文庫が出たら買っちゃったものと思われる。

あーあ、ゴールデンスランバーも文庫が出ちゃったし。

フィッシュストーリー (新潮文庫)
伊坂 幸太郎
4101250243

2011年4月 8日 (金)

KAGEROU/齋藤智裕

喝采するほど面白い話じゃないけど、罵倒するほどつまらない話ではない。

KAGEROU
齋藤 智裕
459112245X

2011年4月 5日 (火)

県庁おもてなし課/有川浩

高知県庁を舞台にしたフィクション。
だ、けれども、「おもてなし課」は高知県庁に実在するらしい。

NHKの朝ドラになりそうなお話。

面白かったです。

県庁おもてなし課
有川 浩
4048741829

2011年4月 3日 (日)

歌うクジラ(上下)/村上龍

読み切るのに実に、実に体力がいる。ほんとに疲れた。
電子書籍版(坂本龍一の音楽付き)だと印象が変わるのかな(※読む気なし。理由はiPadは持っていないしTouchで読む気はしないから。今はiPadよりKindleが欲しい)。

言葉は生活であり文化であり時代であり。冗談ほどじゃないよ。

歌うクジラ 上
村上 龍
4062165953
歌うクジラ 下
村上 龍
4062165961

2011年3月16日 (水)

ちあき電脳探偵社/北森鴻

昨年急逝した著者が、初期に書いたジュブナイル。1990年代に、小学館「小学三年生」に連載されたもの。

子ども向けか否かというのは、文章が不必要に読みにくくないかとか、ルビが振ってあるかとかで判断されるもので、ストーリーがつまらなければ年齢など関係なく誰も読まん。

というのは当然のことであって、そういう意味でこちら、「シンプル」だけど「退屈な」ストーリーでは全然ないので大満足。

節電生活の寒さ対策に、お風呂の中で読みきった。読み終わったら若干お湯が冷めてたけど。

ちあき電脳探偵社 (PHP文芸文庫)
北森 鴻
4569675964

より以前の記事一覧

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ