*実用書

2011年1月22日 (土)

図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集/浅野 高史 かながわレファレンス探検隊

昨年末、久しぶりに宮部みゆきの「淋しい狩人」を読んで、久しぶりに思い出す。これを読むたびに疑問な一点。

作中に出てくる童話「うそつき喇叭」って実在する本?

久しぶりついでにネットの海を漂ってみたら、答えは見つからなかったんだけど、こんな本を発見。

図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集
浅野 高史 かながわレファレンス探検隊
4760129901

利用者からの様々な問い合わせに、図書館員がどう対応しているのかという事例集。私なんぞは活字読み歴も図書館歴もいい加減長い方だと思うのだけど、図書館にはそういうサービスがあり、それを「レファレンス・サービス」と呼ぶのだ、と去年「図書館戦争シリーズ」を読んで初めて知る。みなさんはちゃんと使ってらっしゃるのかしら?

まぁそれはいいとして、聞かれている内容がどれも一筋縄ではいかなそうな質問ばかり。そういう事例を選んでいるんだろうけど、例えば一発目はこれ。

*よくライオンの口から水やお湯が出ているが、その由来は?

・・・知らんがな。
と答えられない司書さんたちは大変である。続く質問たちも硬軟とり交ぜて実に多彩。

*張飛や関羽はどんな料理を食べていたのか?
*ピラミッドに「最近の若い者は・・・」という落書きがあるってホント?
*トイレットペーパーの幅はどうやって決められたのか?
*わらじの作り方を知りたい
*魚の尾は縦についているのに、イルカの尾はなぜ横についているか?
*「月々」で始まり、月がたくさん出てくる和歌の全文と作者を知りたい
*「萌え」という表現はいつ頃から使われるようになったか?
*世界のエコマークの概要を知りたい
*第二次世界大戦時に神奈川県にあった外国人収容所は?

お疲れ様です、と思わず言いたくなるが、『「ごくろうさま」と「おつかれさま」の使い分けは?』という項目もあったりする。

ちなみに「うそつき喇叭」の件は、

*宮部みゆきさんの本に登場した「うそつくらっぱ」という児童書を読みたい

という質問で登場。大元の書籍タイトルが分からず、絵本のタイトルが間違っているところからスタート。いやー、ほんとに大変だ。

調べものをする人はもちろん、物事の考え方としても有意義な本だと思う。質問に対する答えもそれぞれ楽しいので、読み物としてもお勧め。

それぞれの答えを知りたい方は、近くの図書館で借りましょう。内容からして、大方の図書館には置いてあるだろうから。もちろん私も借りました。

2008年9月 7日 (日)

目で見る化学―111種の元素をさぐる/ロバート・ウィンストン [訳:相良倫子]

高校1年の後期(正確な時期は忘れた)、我々は人生の選択を迫られていた。

というほど大仰なことではないのだが、進路を理系と文系、どちらにするのか決めなければならかったのである。なぜなら2年から、クラスが文理別になるから。全体的に「理系優位」の傾向がある学校だったので、特に男子はちょっと頑張ってても理系に行きがちで、成績上位の子が文系にいると「あれ?」と思われた。そんなわけで成績上位の方々はけっこう悩んでいた記憶がある。

が、夏休みの数学補講への召集令状を受け取ったり(招待制)、物理でうっかり0点をとったりしていた私にとっては超簡単。はい、文系にマル。その1年後、高3になるにあたり私が選んだのは、数学が時間割に1時間もない、通称「文系スペシャル」、略して「文スペ」、つまりは「私大文系まっしぐら」コースであった。以来、理科と数学とは疎遠である。あ、大学のときに一般教養で数学をとったら、友人との私語が多くてうるさいと教授に退席を求められたことがある。全く困った学生であった。

そんな私が読んだ「目で見る化学」。
これ、「目で見る」シリーズの3冊目。せっかくなので、図書館で3冊一気に借りてみた。

目で見る化学―111種の元素をさぐる
Robert Winston

4378041170

関連商品
目で見る物理―力・運動・光・色・原子・質量…
目で見る数学―美しい数・形の世界

NHKの「週刊こどもニュース」を実は大人も良く見ているらしい。私も見る。理由は簡単、わかりやすいから。

それと同じ感覚で、どれも結構面白かった。と、エラそうに言ってはみたが、オマエ内容、全部理解したのか、と言われたら、スミマセン、と即謝る。だって、相対性理論やフェルマーの最終定理は、どんなに簡単に説明されようが絵で示されようがわからんものはわからない。だからこその文スペである。

その中でも化学は、「いやー、何言ってるかわからんわ、はっはっは」という内容が一番少なかった。事象の説明より、物体(というか物質か)の説明の方が多いせいだと思う。でも、読み物としては数学と物理の方が面白いんだな。「リンゴが落ちるのを見てニュートンは引力に気づきました」的なエピソードが満載だし、「考えてみよう」風な問題も多い(解けないもの多数)。実はこれらの本、ターゲットがよくわからないのだけど、小学校の低学年には、ちょっと厳しいかも。ただ、理解ができないものしか子どもは読まないのか、というとそんなことはない。なんとなく、数学は物理に通じ物理は化学に通じ化学は数学に戻ってくる気がするので、数学、物理、化学の順に読んでみたらどうかなー。少なくとも、3冊に全部に登場したアルキメデスは、あんまり分けて考えてなかった気がする。

というのは文系の錯覚か?

2008年8月28日 (木)

O型自分の説明書/Jamais Jamais

例えば歯医者に行って、4つの血液型の取説がすべて揃ってたらかなり嬉しい。
待ち時間に全部読む。
何回か通っていれば、待ち時間にすべて読める。褒め言葉である。

O型は最後に出版されたらしく、紀伊国屋本店、目の前のジュンク堂、ルミネの中のBOOK 1st、と新宿の大型店舗を探した日には全部売り切れだった。
職場のそばの小さなBOOK 1stには普通に置いてあったので油断していた。結局そこで買ったけど。

私の場合、血液型の話になると「O型でしょ」とほとんどの人に当てられてしまう始末なので、この本に書かれている内容も8割方、当てはまるような気がする。

すべての取説を読んでみたいので、A,B,ABを持っている方、ぜひご連絡を。貸してください。O型貸しますんで。
つまり、とっても面白かったんだけど、一回読んだら満足してしまうので、全部自費で揃える気にはならないのだった。

余談だが、私自身はあんまり血液型に興味がなく、人の血液型を聞いてもすぐ忘れる。血液型の話になったときに「何型だと思う?」と問いかけられるのが苦手ある。「わかんねぇから聞いてんだよ」と言いたくなるので、ぜひ止めていただきたい。

O型自分の説明書

2006年3月28日 (火)

キャラクター小説の作り方/大塚英志

ライトノベルとは?を論じている内容で「作り方」ではないな。でもけっこう面白かった。著者がスニーカー文庫やコバルト文庫のようないわゆるライトノベルに対して、愛情と可能性を感じているのはよくわかる。だからライトノベルを書いている人たち(や編集者)は卑屈になることはない、だからライトノベルだからと言って不出来なものを出していいというわけではない、でも私小説をスタートとするライトノベルじゃない小説とはこういう点が違うんですよ、ということが繰り返し述べられる(本書の中では「ライトノベル」じゃなくて「スニーカー文庫のような小説」と表現されれているけど。もしかしたら私の考える「ライトノベル」とはちょっとずれてるのかもしれない)。著者は多重人格探偵サイコの原作者。ちなみに読んだことなし。

とりあえずテーブルトークRPGというものを初めて知り、ぜひやってみたくなった。

キャラクター小説の作り方

2005年9月28日 (水)

痛みと歪みを治す 健康ストレッチ

ちょっと前、腰痛に苦しんでいたら、実兄からプレゼントされた本。現在の状態チェックから始まり、体の各部ごとのストレッチ方法が掲載されている。最初に「股関節チェック」をしたときは、「ひえ~」と叫ぶくらい硬かった体も、最近はちょっと柔らかくなったような。
でも、「つま先から始めて徐々に上へ」と言ってるんだから、ページ構成もそうして欲しい。後ろから見なきゃいけないのはちょっと面倒。でも内容はとても良い(談:兄)。

痛みと歪みを治す健康ストレッチ

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ