« 痛みと歪みを治す 健康ストレッチ | トップページ | 歓喜の島/ドン・ウィンズロウ[訳:後藤 由季子] »

2005年10月 3日 (月)

いたずら魔女のノシーとマーム2 謎の猫メンダックス/ケイト・ソーンダズ[訳:相良倫子・陶浪亜希]

いたずら魔女のノシーとマーム1 秘密の呪文」の続編。

季節は少し進んでクリスマス。
人間の世界になじんできたふたりの魔女のところに、小さな猫がやってきた。ただの猫なのか、どれい猫なのか。敵なのか、味方なのか。

明らかに子供向けの作品なのに、「選挙」「解放軍」というお堅い言葉がちらほら出てくる。1にも「オゾン層の破壊」とか出てきましたね。お国柄なんでしょうか。

私のお気に入りである牧師さんと牧師助手の、今回のイチオシ会話。
牧師助手「この町では殺人事件なんか四百年も起きてないんですよ」
牧師「じゃ、そろそろ起きてもいいころなんじゃないの!?」

爆笑。

いたずら魔女のノシーとマーム〈2〉謎の猫、メンダックス
4338214023

« 痛みと歪みを治す 健康ストレッチ | トップページ | 歓喜の島/ドン・ウィンズロウ[訳:後藤 由季子] »

*児童書/絵本」カテゴリの記事

*小説(翻訳)」カテゴリの記事

《S》ケイト・ソーンダズ」カテゴリの記事

コメント

読んでくれてありがとう!
「ま」はメンダックスが大のお気に入りだし、人それぞれお気に入りのキャラがあってくれて、嬉しいです。

おとぼけスネリング牧師は、魅力的だよね~。
「赤毛のアン」を読んでいて、登場人物をいかに魅力的に描くかって大切だなぁとしみじみ・・・。

いえいえ。
購入と同時に2冊とも読んだんだけど、感想書くのが遅れたの。
スネリング牧師大好きです。嬉しいとバク転までしちゃうんでしょう?楽しすぎる。
この先も、ババーコーンと素敵な会話を繰り広げてほしい!
ぜひ翻訳がんばって!

お礼が遅くなりましたが、こちらのトラックバックもありがとうございました!
ババーコーンと牧師のツボを抑えていただいて、すごくうれしいです。第3巻ではババーコーンがムフフなことになっていて、魔女たちもますますかわゆいので、楽しみにしていてくださいね!

ムフフですか。それは楽しみ。イヒヒ。
長丁場ですが、頑張って!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880614

この記事へのトラックバック一覧です: いたずら魔女のノシーとマーム2 謎の猫メンダックス/ケイト・ソーンダズ[訳:相良倫子・陶浪亜希]:

« 痛みと歪みを治す 健康ストレッチ | トップページ | 歓喜の島/ドン・ウィンズロウ[訳:後藤 由季子] »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ