« ザ・ジョーカー/大沢在昌 | トップページ | カリフォルニアの炎/ドン・ウィンズロウ[訳:東江一紀] »

2005年10月12日 (水)

ばななブレイク/吉本ばなな

エッセイ集の文庫というのは面白い。何が面白いって、時間の経過が。雑誌などに発表された短い文章をまとめたものが多いので、単行本になった時点である程度の時間が経っている。さらに文庫になるまでに大体3年くらいはかかるから、単行本で読む頃には、その頃旬の話題もすっかり昔話になっている。

この本(文庫版)は今年の8月発売だけれど、中身は1993年から2000年に発表されたもの。アイルトンセナが死んで、小沢健二の「LIFE」のバカ売れして、岡崎京子が交通事故に遭って、サザンのTSUNAMIが流行るまで。私の人生で言うと、まるまる20代。

なるほどそういう風に過ごして、そういう風に感じてましたか、ということが興味深くて、私はエッセイ集を読むことが多い。ちなみにマイ・ベストよしもとばななは、「キッチン」の中に入っている「ムーン・ライト・シャドウ」で今も変わらず。

ばななブレイク

« ザ・ジョーカー/大沢在昌 | トップページ | カリフォルニアの炎/ドン・ウィンズロウ[訳:東江一紀] »

*エッセイ」カテゴリの記事

[よ]よしもとばなな」カテゴリの記事

コメント

私もばなな大好き!!!
エッセイはあまり読まないけれど、この人のHPの日記はたまに読んでいます。とっても簡単な単語を、普通の人では思いつかない組み合わせで並べ、的を射て、表現しているところがすごい。

全集、もってるから、「ムーン~」、読み直してみよう!(あ、またリストが増えた)
私の好きなのは、「哀しい予感」と比較的新しい「虹」。

うん、言葉使いの天才だと思います!
「くっきり」とか、ばななさんによってずいぶん意味が広がったと思うよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880618

この記事へのトラックバック一覧です: ばななブレイク/吉本ばなな:

« ザ・ジョーカー/大沢在昌 | トップページ | カリフォルニアの炎/ドン・ウィンズロウ[訳:東江一紀] »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ