« 小説作法/スティーブン・キング[訳:池 央耿] | トップページ | なみだ特捜班におまかせ!―サイコセラピスト探偵 波田煌子/鯨統一郎 »

2005年11月 1日 (火)

あきらめのよい相談者/剣持鷹士

主人公は駆け出し弁護士、探偵はその友人。安楽椅子探偵好きにはたまらない作品だけど、調べた限りではこの作者、これ一作しか発表していないようで。現役弁護士らしいので、仕方ないか。

競作五十円玉二十枚の謎」の執筆者の一人だった。「池袋の本屋に毎週五十円玉二十枚を千円札に両替しにくる男がいる。さてその理由は?」という作家の若竹七海の実体験をもとにしたお題に対して、プロとアマチュアが作品を書くというもの。読んだのが大分前なのでよく覚えてないのだが、プロよりアマの作品の方が面白かったような。

そういえば若竹七海の新刊もしばらくお目にかかっていない。そして「五十円玉~」の舞台になった芳林堂は、いまやもうない。

あきらめのよい相談者

« 小説作法/スティーブン・キング[訳:池 央耿] | トップページ | なみだ特捜班におまかせ!―サイコセラピスト探偵 波田煌子/鯨統一郎 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[け]剣持鷹士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880624

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめのよい相談者/剣持鷹士:

« 小説作法/スティーブン・キング[訳:池 央耿] | トップページ | なみだ特捜班におまかせ!―サイコセラピスト探偵 波田煌子/鯨統一郎 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ