« 銀の檻を溶かして―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | 悪魔と詐欺師―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 »

2005年12月20日 (火)

黄色い目をした猫の幸せ―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈

シリーズ2作目。

やっぱりこちこちミステリだけが好きな人には向かないな。むしろ銀河鉄道999とか、東京BABYLONとか、星へ行く船とか、そういうモノが好きな人には面白いと思う。謎とか解決とかじゃなくて、キャラクタとその繋がりが重視される物語のよう。ということで、私はそんなに嫌いじゃない。

ゆっくりゆっくり小出しに情報が出てくるので、途中でやめるとすっきりしない。最新刊は12作らしいから、文庫化に併せて読んでみようかな。

黄色い目をした猫の幸せ

« 銀の檻を溶かして―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | 悪魔と詐欺師―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[た]高里椎奈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880633

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色い目をした猫の幸せ―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 :

« 銀の檻を溶かして―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | 悪魔と詐欺師―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ