« 黄色い目をした猫の幸せ―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | 金糸雀が啼く夜―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 »

2005年12月22日 (木)

悪魔と詐欺師―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈

シリーズ3作目。

文庫化に併せて読んでみようかな。

とか言ってみたのだが、実はそれが苦手なのである。ちょっとでも気に入ったシリーズを途中でやめることができないわけだ。なので2005年末から2006年初頭にかけて、続けざまに高里漬け。ノベルズって置いてない本屋は全く置いてないから困る。

これは今までの中で一番ミステリ色が強いかな。そして「長丁場で行きます」という感じがばんばん感じられる。行ってらっしゃい。

悪魔と詐欺師―薬屋探偵妖綺談

« 黄色い目をした猫の幸せ―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | 金糸雀が啼く夜―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[た]高里椎奈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880634

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔と詐欺師―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈:

« 黄色い目をした猫の幸せ―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | 金糸雀が啼く夜―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ