« 白兎が歌った蜃気楼―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | 蒼い千鳥 花霞に泳ぐ―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 »

2006年1月 3日 (火)

本当は知らない―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈

シリーズ7作目。

知ってしまったら知らない昔には戻れないわけだが。いえ、哲学的な話ではありません。そろそろこのシリーズ、途中参加が難しい感じになってきたのではないかと。登場人物もどんどん多くなるし、縦に横によく顔を出す。知らなくてもわかるのかもしれないけど、知ってた方が面白い。1作目、2作目は文庫にもなり始めましたし、諦めて1作目から読みましょう、これから挑むみなさん。

本当は知らない―薬屋探偵妖綺談

« 白兎が歌った蜃気楼―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | 蒼い千鳥 花霞に泳ぐ―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[た]高里椎奈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880638

この記事へのトラックバック一覧です: 本当は知らない―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈:

« 白兎が歌った蜃気楼―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | 蒼い千鳥 花霞に泳ぐ―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ