« 王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法/よしもとばなな | トップページ | 神の手(上)(下)/パトリシア・コーンウェル[訳:相原 真理子] »

2006年1月31日 (火)

魔女の笑窪/大沢在昌

久しぶりにハード・ボイルド。顔を見ただけでどんな男か一発でわかる女・水沢が主人公。雑誌連載されていたらしい。ただの短編なら、サザエさんのように毎回同じテンションで進めばいいのであるが、連作短編の場合は、最後に向けて盛り上がりが必要。雑誌連載の場合はなおさら。だがしかし。私の好みは前半部にあることが多いのだった。常態のときの話が好きなのだ。って全然常態じゃないけど。今回も水沢がクールにスナイパーぶりを発揮してる前半の方が面白かった。こればっかりは好みだから仕方ない。

ところでえくぼって「笑窪」なのね。初めて知って、あまりのそのままぶりに驚いた。

魔女の笑窪

« 王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法/よしもとばなな | トップページ | 神の手(上)(下)/パトリシア・コーンウェル[訳:相原 真理子] »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[お]大沢在昌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880647

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女の笑窪/大沢在昌:

» 魔女の笑窪 [spoon::blog]
東京で裏稼業のコンサルタントをする水原。彼女には、掟破りの島抜けをしたという、誰... [続きを読む]

« 王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法/よしもとばなな | トップページ | 神の手(上)(下)/パトリシア・コーンウェル[訳:相原 真理子] »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ