« サム・ホーソーンの事件簿 IV/エドワード・D・ホック [訳:木村二郎] | トップページ | 怪 vol.0020 »

2006年2月13日 (月)

巷説百物語/京極夏彦

私はこのシリーズが大好きだ。ストーリーも好きだし登場人物も好きで、おまけに装丁も好きなので、単行本を持っているのにノベルズも文庫本も持っていたりする。文庫に至っては、持ち歩きすぎてぼろぼろになってしまったので2冊あったりもする。馬鹿である。まあでもこの作者はノベルズ化、文庫化される時でも必ず文庫版修正をするので、まあいいのである。画像はすべて単行本。

小悪党一味および狂言回しが登場する「巷説」、百介視点で登場人物の過去や背景に重きが置かれる「続(ぞく)巷説」、時代が移って回想形式で進む「後(のちの)巷説」と単行本されているのは現在3作。主要人物の札まき御行・又市は、「嗤う伊右衛門」「覘き小平次」にも顔を出すので、未読の方は読んでみるときっと楽しい。京極夏彦は「後巷説百物語」で直木賞を受賞しているわけであるが、私は「巷説」「続巷説」と順に読んできたクチなので、「後~」だけ読んでも面白いのかどうかは判断ができない。話がわからないということはないけれど、順番に読んだ方が絶対に楽しめる、というかその方が絶対泣ける。

もうひとつの有名シリーズに講談社の「京極堂」シリーズがあるけれど、「姑獲鳥の夏」が映画化されたとき「京極夏彦にこれから初挑戦。どっちのシリーズから読むべきか」という相談をされて、「百物語」を推したが負けた。ちっ。でも実はこのふたつのシリーズ、クロスしたりするのでどっちも読むがよろしい。ああ楽しい。

参考までに、ただいま角川の「怪」という妖怪?雑誌で「前(さきの)巷説百物語」連載中。時代は遡って若き日の又市のお話。ああ楽しい。

巷説百物語

続巷説百物語

後巷説百物語

« サム・ホーソーンの事件簿 IV/エドワード・D・ホック [訳:木村二郎] | トップページ | 怪 vol.0020 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[き]京極夏彦」カテゴリの記事

コメント

私も京極夏彦大好きよ~。
本が捨てられないから、文庫になるの待って、
なんで話題がずれますが。
今は後巷説百物語待ち。
一番好きな登場人物は榎木津礼次郎なんだけど、
阿部博はねぇだろ、とちょっと悲しい。
でも映画見たいかなぁ。堤好きだし。
百鬼徒然袋が積読になってるから早く読みたいな。

紫の魔女さん
あら、いらっしゃい。
お返事遅れましてスンマセン。
私も京極堂シリーズでのお気に入りは探偵です。百物語なら又市ですが。
でも榎木津好きなのに「雨」未読?それは許されません。読みなさい。いますぐ読みなさい。でも電車で読んではいけません。笑っちゃうから。
私はこらえ性がないので、文庫になるまで待てません。でも買ったら捨てられません。部屋と財政に占める書籍の率が問題となってきている今日この頃です。
あと、お気に入りの原作が映画化された場合は、よっぽどのことがない限り見ない主義。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880650

この記事へのトラックバック一覧です: 巷説百物語/京極夏彦:

« サム・ホーソーンの事件簿 IV/エドワード・D・ホック [訳:木村二郎] | トップページ | 怪 vol.0020 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ