« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月28日 (火)

キャラクター小説の作り方/大塚英志

ライトノベルとは?を論じている内容で「作り方」ではないな。でもけっこう面白かった。著者がスニーカー文庫やコバルト文庫のようないわゆるライトノベルに対して、愛情と可能性を感じているのはよくわかる。だからライトノベルを書いている人たち(や編集者)は卑屈になることはない、だからライトノベルだからと言って不出来なものを出していいというわけではない、でも私小説をスタートとするライトノベルじゃない小説とはこういう点が違うんですよ、ということが繰り返し述べられる(本書の中では「ライトノベル」じゃなくて「スニーカー文庫のような小説」と表現されれているけど。もしかしたら私の考える「ライトノベル」とはちょっとずれてるのかもしれない)。著者は多重人格探偵サイコの原作者。ちなみに読んだことなし。

とりあえずテーブルトークRPGというものを初めて知り、ぜひやってみたくなった。

キャラクター小説の作り方

2006年3月22日 (水)

MOMENT/本多孝好

例えば「I LOVE YOU」を読んでみて、伊坂幸太郎と本多孝好の短編が気に入ったら、本書も「死神の精度」も気に入ると思う。amazonでも「あわせて買いたい」と薦められていたので、どっちも好きな人が多いんだろう。同い年のこの二人、どちらも切ない話を書く人だけど、文体というか視線の角度がよく似てる。でも、本多孝好は何たって寡作。何か他にご本業が、、、と思っちゃうくらいなかなか新刊が出ない(本当に他の仕事を持ってるのかもしれない)。たまに記憶から消えそうになるが、少ないながらもはずれがない。

この話は4章からなる連作短編。お話としては3章「FIREFLY」が一番好き。

MOMENT

2006年3月18日 (土)

増量・誰も知らない名言集/リリー・フランキー

東京タワー(未読)で大ブレイク、おでんくん(大好き)効果も手伝ってトップランナーにまで登場してしまった著者であるが、いやー、これは読者を選ぶ。間違っても東京タワーで感涙にむせんだ後に読んではいけない(未読だけど)。じゃあなんだ、面白くないのか!と問われたら、イエ、私は結構笑ってしまいました、、、と告白せざるを得ない。でもそれは、私が標準よりは大分、下世話な話に強いという事実があってこそ成り立つ感想である。苦手な方は気をつけましょう。

原田宗典のエッセイをすんごく下品にした感じ、とでもいいましょうか。

増量・誰も知らない名言集イラスト入り

2006年3月 8日 (水)

後巷説百物語/京極夏彦

1年に2回くらい「一人で勝手に巷説百物語祭」がやって来るのである。なのでこんなことになってしまうのである。今回は祭の最中に「」が出て、更に燃え上がったところにノベルズ版が出た。単行本があるのに買ってしまった。読んだらまた泣いてしまった。ついでに、3/26、WOWWOWで「巷説百物語 飛縁魔」放送。祭、止む気配なし。

で、ノベルズ版、初版なので特製スゴロクが付いてきたけど、別にそれはいらんな。。。

後巷説百物語

2006年3月 5日 (日)

いたずら魔女のノシーとマーム〈3〉呪われた花嫁/ケイト・ソーンダズ[訳:相良倫子・陶浪亜希]

秘密の呪文謎の猫メンダックスに続く、シリーズ3作目。すっかり町にもなじんだ2人の魔女、ノシーとマームの物語。

このシリーズの楽しさは、登場人物が実に人間くさいこと。主役の魔女さんを筆頭に、みんなで揃って泣いたり笑ったり怒ったり拗ねたり忙しい。牧師は食欲の鬼だし、猫は嘘つき。全員煩悩の塊。そんな中、唯一冷静な大人が牧師助手のババーコーン。だったけど。今回は婚約者の登場で、身も心も浮かれまくり。さぁ今回はその婚約者が、、、ということであとは読んでのお楽しみ。

やっぱり私は出てくるたびに何か食べてる牧師さんが一番好き。そして「わたしの激動の人生」をぜひ読んでみたい。10マジョシリングって日本円だといくらでしょう。

いたずら魔女のノシーとマーム〈3〉呪われた花嫁

2006年3月 4日 (土)

ドルチェ・ヴィスタ 3部作/高里 椎奈

薬屋探偵の作者の別シリーズ。3巻で完結。薬屋さんとは違って1冊ずつ独立してるので、1冊ずつでもけっこう楽しめる。けど、全部でひとつのお話、と見ることもできる。キーワードはキンカン。白衣の先生ったらこんなところにも。

森博嗣の短編が好きな人にはツボな話。なるほどさすがメフィスト賞(こればっかだな)。

それでも君が―ドルチェ・ヴィスタ
それでも君が―ドルチェ・ヴィスタ


お伽話のように―ドルチェ・ヴィスタ
お伽話のように―ドルチェ・ヴィスタ


左手をつないで―ドルチェ・ヴィスタ
左手をつないで

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ