« MOMENT/本多孝好 | トップページ | 終末のフール/伊坂幸太郎 »

2006年3月28日 (火)

キャラクター小説の作り方/大塚英志

ライトノベルとは?を論じている内容で「作り方」ではないな。でもけっこう面白かった。著者がスニーカー文庫やコバルト文庫のようないわゆるライトノベルに対して、愛情と可能性を感じているのはよくわかる。だからライトノベルを書いている人たち(や編集者)は卑屈になることはない、だからライトノベルだからと言って不出来なものを出していいというわけではない、でも私小説をスタートとするライトノベルじゃない小説とはこういう点が違うんですよ、ということが繰り返し述べられる(本書の中では「ライトノベル」じゃなくて「スニーカー文庫のような小説」と表現されれているけど。もしかしたら私の考える「ライトノベル」とはちょっとずれてるのかもしれない)。著者は多重人格探偵サイコの原作者。ちなみに読んだことなし。

とりあえずテーブルトークRPGというものを初めて知り、ぜひやってみたくなった。

キャラクター小説の作り方

« MOMENT/本多孝好 | トップページ | 終末のフール/伊坂幸太郎 »

*実用書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャラクター小説の作り方/大塚英志:

« MOMENT/本多孝好 | トップページ | 終末のフール/伊坂幸太郎 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ