« 七つの黒い夢 | トップページ | Teen Age »

2006年4月13日 (木)

海紡ぐ螺旋 空の回廊―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈

薬屋探偵シリーズ13作目。2006年4月時点での最新作。

前作のときに、「ゆっくりのんびり長く続けてください」とか書いたら、この13巻目で1部が完結してしまった。まあ、あくまで「1部」なのでね、今後も続くでしょう。

私はシリーズものは順番に読むタイプ、さらに読破するタイプなので、1作目からおとなしく順番に読んできたけれど、これは絶対にその方法をとった方がいい。特にこの巻は、これまでのシリーズを全く読んでいないとさっぱりわからない(と思う)。そして、一冊目を読んで、「こういう話はダメ」と感じたらすぐに逃げることをお勧めする。1巻は文庫になってるし。

傾向として、お話よりも作家に付くタイプ、ストーリーよりもキャラに付くタイプの方々には、絶賛オススメのシリーズ。

でもゼロイチの出演はあれだけですか。そうですか。

海紡ぐ螺旋 空の回廊

« 七つの黒い夢 | トップページ | Teen Age »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[た]高里椎奈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880660

この記事へのトラックバック一覧です: 海紡ぐ螺旋 空の回廊―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈:

« 七つの黒い夢 | トップページ | Teen Age »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ