« 海紡ぐ螺旋 空の回廊―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | いたずら魔女のノシーとマーム (4)魔法のパワーハット/ケイト・ソーンダズ[訳:相良倫子・陶浪亜希] »

2006年4月18日 (火)

Teen Age

「最近評判の女性作家陣で攻めてみました」な本。

7打数2安打、打率.286。(ヒットは太字)

角田光代瀬尾まいこ、藤野千代、椰月美智子、野中ともそ、島本理生、川上弘美

川上弘美以外はすべて2004年の「小説推理」に掲載で、しかも掲載順通りに並んでいないということは、意図的に並びを変えたんだろう。そう、アンソロジーは並び順が大変重要で。

ほとんどの話の主人公が女の子で、女の子の友達がいて、彼氏がいて、鬱屈していて、でも軽くドライで。トーンがみんな似ているものだから、後半に行くにつれなんだか飽きてしまった。素材は違うけど味付けが同じ料理を並べられた感じ。川上弘美が3人目にいたら、太字にしたなぁ、きっと。

いえ、それぞれの話は結構面白かったんですが。

そんな中でちょっと味が違ったのが瀬尾まいこ。この作者も、作品数はそんなに多くないけど外れがない。これからの方は、坊ちゃん文学賞受賞のデビュー作「卵の緒」からがオススメ。

Teen Age

« 海紡ぐ螺旋 空の回廊―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | いたずら魔女のノシーとマーム (4)魔法のパワーハット/ケイト・ソーンダズ[訳:相良倫子・陶浪亜希] »

+アンソロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880661

この記事へのトラックバック一覧です: Teen Age:

« 海紡ぐ螺旋 空の回廊―薬屋探偵妖綺談/高里椎奈 | トップページ | いたずら魔女のノシーとマーム (4)魔法のパワーハット/ケイト・ソーンダズ[訳:相良倫子・陶浪亜希] »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ