« クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子/西尾維新 | トップページ | ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹/西尾維新 »

2006年5月23日 (火)

サイコロジカル(上)(下)/西尾維新

姑獲鳥の夏」に始まる京極夏彦の百鬼夜行シリーズで一番画期的なのは、探偵・榎木津礼次郎を作り出したことだ、とどこかで誰かが書いていた(これじゃ全く引用表記の意味なし。ただの伝聞)。この「戯言シリーズ」においては、「そこを否定すると物語が成立しない」という意味で、請負人・哀川潤が同じ役目でしょうかね。

でも栗本薫はシリウスの性別まで変えたしね、ありあり、全然OK。「全然」は後に打消や否定を伴う副詞なので、この使い方は間違い。と理解しつつも多用していたのだが、最近の辞書には「話し言葉・俗な言い方」という注記付きで「非常に・とても」という意味が載せられていて驚いた。

だから何だというわけではない。戯言戯言。ええ、俗ですとも。

〈上〉兎吊木垓輔の戯言殺し
サイコロジカル〈上〉兎吊木垓輔の戯言殺し

〈下〉曳かれ者の小唄
サイコロジカル〈下〉曳かれ者の小唄

« クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子/西尾維新 | トップページ | ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹/西尾維新 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[に]西尾維新」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880671

この記事へのトラックバック一覧です: サイコロジカル(上)(下)/西尾維新:

« クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子/西尾維新 | トップページ | ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹/西尾維新 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ