« 雪屋のロッスさん/いしいしんじ | トップページ | 移植病棟24時/加藤友朗 »

2006年6月 2日 (金)

火の神(アグニ)の熱い夏/柄刀一

閉ざされた空間での犯人探し。

ロジック、論理、ロジック、論理。実は私、物語として面白ければ、「反則」や「ご都合主義」にもある程度は寛容で、読みながら真剣に犯人当てをすることはほとんどない軟弱ミステリーファン。なので緻密な計算をしている作者に申し訳ないな、と思うこと多々。まさに今回もそう。へぇ、とかほぉ、とか言いながら読み進めた。ほんとスミマセン。

長さが短めで、コンパクトにまとまっているお話なので、新幹線の中などで読むのに適している気がする。他の作品にも登場する南美希風が探偵役だが、知らなくても全く問題なし。

火の神の熱い夏

« 雪屋のロッスさん/いしいしんじ | トップページ | 移植病棟24時/加藤友朗 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[つ]柄刀一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880677

この記事へのトラックバック一覧です: 火の神(アグニ)の熱い夏/柄刀一:

« 雪屋のロッスさん/いしいしんじ | トップページ | 移植病棟24時/加藤友朗 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ