« 目で見る化学―111種の元素をさぐる/ロバート・ウィンストン [訳:相良倫子] | トップページ | インディゴの夜/加藤 実秋 »

2009年4月27日 (月)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない/桜庭 一樹

面白かった。とても面白かった。
ほんとに面白かったんだけど、たまたま読んだ時期と大阪の報道が重なった。
タイミング、実に悪し。

以下、斜線部本文より引用。

今日もニュースでは繰り返し、子供が殺されている。どうやら世の中にはそう珍しくないことらしい、とあたしは気づく。生き残った子だけが、大人になる。

そういう話。
お兄ちゃんが秀逸。

4044281041 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
桜庭 一樹
角川グループパブリッシング  2009-02-25

« 目で見る化学―111種の元素をさぐる/ロバート・ウィンストン [訳:相良倫子] | トップページ | インディゴの夜/加藤 実秋 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[さ]桜庭一樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880708

この記事へのトラックバック一覧です: 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない/桜庭 一樹:

« 目で見る化学―111種の元素をさぐる/ロバート・ウィンストン [訳:相良倫子] | トップページ | インディゴの夜/加藤 実秋 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ