« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年5月

2009年5月10日 (日)

プラスマイナスゼロ/若竹七海

インディゴの夜」を読んでいたら、久しぶりに思い出した。晶という名前の女探偵は、若竹七海のシリーズにも一人いるのである。
新刊を心待ちにしている作家さんの一人なのだが、数年に一回くらいしか出ない。思い出しついでにamazonで検索してみたら、なんと新刊発見。即買い。

舞台は葉崎。というのは、この作者による架空の町で、ここを舞台に何冊もの作品が書かれている。作品同士は基本的には独立しているけれど、人物やできごとがちょこちょことクロスする。別に知らなくても問題はないけど、まぁ私などはその辺も楽しい。

今回は葉崎山高校に通う3人の高校生のお話。デビュー作「ぼくのミステリな日常」っぽい、日常ミステリ。と、いうよりは青春モノ?なのかもしれないけれど、この作者の連作短編は大体面白い。長編よりも面白い。若竹モノにしては毒が弱いので、お子様からお年寄りまで、安心してどうぞ。

「なんか最近、アタシら死体に縁がねーか?」とは、3人のうちの一人のセリフだが、ミステリとはそういうもの。主要人物になった時点で諦めてもらうしかない。

4861766117 プラスマイナスゼロ
若竹七海
ジャイブ  2008-12-03

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ