« ROMES06/五條瑛 | トップページ | 花の下にて春死なむ/北森鴻 »

2010年1月 7日 (木)

ヒックとドラゴン/クレシッダ コーウェル[訳:相良倫子, 陶浪亜希]

ヒック、ヒック、ヒックは海の子バイキング♪
同世代の方だけわかっていただければ結構です。失礼しました。

わしが子どもだったころ、この世には、まだドラゴンがたくさんおった。

と語り始めるのは、ヒック・ホレンダス・ハドック3世。バイキングの伝説的なヒーローである彼が、小柄でひ弱ないじめられっこの少年ヒックだったころの物語。

少年バイキングの第一の試練は、"まだたくさんお"るドラゴンの中から自分の相棒を選ぶこと。第二の試練はそのドラゴンをきちんとしつけること。ヒックが手に入れたのは、歯ナシのちびっこドラゴン、トゥースレス。

相棒のしつけに手こずりながらも、巨大なドラゴンを退治する1巻。やっぱり言うことを聞かないトゥースレスに手を焼きながらも、悪者や海底ドラゴンと闘う2巻。同時に発売されたので、続けて読んだ。

小柄でひ弱ないじめられっこの少年ヒックは、8巻かけてどんどん成長していくらしい。1巻では得意のドラゴン語(彼しか話せない)を駆使してヒーローに一歩前進、2巻では秘剣を手に入れる(ついでに利き手がようやく判明)。

ワタシのお気に入りは、2巻に登場する「貧しいけれど正直な百姓」アルビン。この人が出てきてから、かなりお話が面白くなった。ぜひこのままレギュラーの座についていただきたい。

声に出して笑ったフレーズ。

面と向かって闘うより、敵の飲み物に毒を盛ったり、うしろから岩でなぐりつけたりするほうが得意なのだ

卑怯もの丸出しすぎるぞ、悪役!

今年の夏、ドリームワークスによる映画が公開予定。だいぶ絵のイメージが違うなぁ。ドラゴンでっかいし。。。あっ、しかも名前が「トゥース」だ!映画版は歯もあるらしい。
まぁ原作と映画ってそういうもんですよね。

ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物
Cressida Cowell
相良 倫子 (翻訳)
陶浪 亜希 (翻訳)
4338249013
ヒックとドラゴン〈2〉深海の秘宝
Cressida Cowell
相良 倫子 (翻訳)
陶浪 亜希 (翻訳)
4338249021

« ROMES06/五條瑛 | トップページ | 花の下にて春死なむ/北森鴻 »

*児童書/絵本」カテゴリの記事

*小説(翻訳)」カテゴリの記事

《C》クレシッダ・コーウェル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880713

この記事へのトラックバック一覧です: ヒックとドラゴン/クレシッダ コーウェル[訳:相良倫子, 陶浪亜希]:

« ROMES06/五條瑛 | トップページ | 花の下にて春死なむ/北森鴻 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ