« ヒックとドラゴン/クレシッダ コーウェル[訳:相良倫子, 陶浪亜希] | トップページ | 君がいなくても平気/石持浅海 »

2010年1月30日 (土)

花の下にて春死なむ/北森鴻

作者の訃報の衝撃に再読。ワタシは「連作短編」という形式が大好きなので、この人を見つけたときは本当に本当に嬉しかった。著作群の中でも本書に始まる香菜里屋モノが一番のお気に入り。

三軒茶屋にある隠れビアバーの香菜里屋(かなりや)に集うお客とマスターが登場人物。探偵役はマスター。もともと北森作品は、ほとんどの作品においしそうな食べ物が沢山出てくるけれども、舞台が飲食店なので更に倍。おいしそうなものに出会いたかったら池波正太郎か北森鴻。

このシリーズ一作目は6短編。連作短編なので、一冊でゆるやかに一作品になっているけれど、バラ売りするならワタシのお勧めは「終の棲み家」。続いて表題作「花の下にて春死なむ」。

このシリーズは「桜宵」「螢坂」と続いて、その次の「香菜里屋を知っていますか」でマスターが店を閉める。このまま終わりのつもりだったのかもしれないし、続編を考えていたのかもしれない。どちらだったとしても、もう新作が出ることはない。大変失礼な言い方だけれども、作家が亡くなるってそういうことだと思う。
手元にあるのは講談社文庫の初版だった。2001年12月発行。10年経ってない。今年はまだ花も咲いてないし、如月にもなってない。48歳。本当に早い。本当に残念。

4062733277 花の下にて春死なむ (講談社文庫)
講談社 2001-12

by G-Tools

« ヒックとドラゴン/クレシッダ コーウェル[訳:相良倫子, 陶浪亜希] | トップページ | 君がいなくても平気/石持浅海 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[き]北森鴻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/47880714

この記事へのトラックバック一覧です: 花の下にて春死なむ/北森鴻:

« ヒックとドラゴン/クレシッダ コーウェル[訳:相良倫子, 陶浪亜希] | トップページ | 君がいなくても平気/石持浅海 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ