« Story Seller2/新潮社ストーリーセラー編集部 | トップページ | Story Seller3/小説新潮5月号別冊 »

2010年5月 4日 (火)

ヒックとドラゴン〈3〉天牢の女海賊/クレシッダ コーウェル[訳:相良倫子, 陶浪亜希]

昔々。ローマ帝国の世界征服がもう少しで成功しそうな頃。世の中にはたくさんのドラゴンと、大勢のバイキングがおりましたとさ。

そんなわけで「ヒックとドラゴン」シリーズ3作目。1、2作目はこちら

今回の新キャラは、女バイキング、ドロドロ族のカシラの娘、カミカジ嬢。女尊男卑の彼女の行動指針は当たって砕けろ。毎回砕けてますけれど。

対して剣の腕はあるけれどもインドア系でペシミストな主人公ヒックの作戦はまたもやむちゃくちゃ。でも、綱渡りで今回も勝ち。なかなかやるじゃん。ま、男にしてはってことだけど。

そして私のお気に入り。

これがヒック・ホレンダス・ハドック三世のしわざでなければ、わたくしは自分をザリガニだと宣言してもいい。

・・・そんな宣言、いらないよ、アルビン。

ヒックとドラゴン〈3〉天牢の女海賊
Cressida Cowell
相良 倫子 (翻訳)
陶浪 亜希 (翻訳)
433824903X

« Story Seller2/新潮社ストーリーセラー編集部 | トップページ | Story Seller3/小説新潮5月号別冊 »

*児童書/絵本」カテゴリの記事

*小説(翻訳)」カテゴリの記事

《C》クレシッダ・コーウェル」カテゴリの記事

コメント

いつも拙訳本の楽しい感想ありがとう。
そうそう、ヒックは、腕っ節は弱いけど、頭はいい(のかイマイチよくわからないけど)……というか強運の持ち主なのです。
まっ、男にしてはってことだけど。

> み。さん
腕っ節も弱いのかどうか微妙だよねー、実は。
ま、でもがんばってるよ、男にしてはってことだけど(しつこい)。
残り半分も楽しみにしてまーす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/48277796

この記事へのトラックバック一覧です: ヒックとドラゴン〈3〉天牢の女海賊/クレシッダ コーウェル[訳:相良倫子, 陶浪亜希]:

« Story Seller2/新潮社ストーリーセラー編集部 | トップページ | Story Seller3/小説新潮5月号別冊 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ