« 零崎人識の人間関係/西尾維新 | トップページ | きょうのそらはどんなそら/ふくだ としお・ふくだ あきこ »

2010年7月13日 (火)

レインツリーの国/有川浩

人間ドックのお供に持参。人間ドックなるものは色々な検査を受けなきゃいけない上に受診者がけっこういるので、待ち時間が多い。長いんじゃなくて、多い。いや、長いときもあるんだけど。レントゲン室の前で5分待ち、エコー室の前で7分待ち、問診の前に5分待ち、とストップ&ゴーの繰り返し。持ち歩きが楽な文庫本は必携アイテム。ただ細切れ時間が基本なので、何を持って行くかは吟味が必要。
「○○さーん(自分)」と呼ばれたときに、「ちょ、ちょっと今、ザリガニが来襲中なので後回しにしてくださいっ」とか言えないし。緊張と興奮で必要以上に血圧が上がっちゃうかもしれないし。そういうときに読むにはこの本、最適。よくやった、すごい、えらい。と自画自賛。

共通の「忘れられない本」があるふたりのラブストーリー。3歩進んで2歩下がる。みごとにストップ&ゴーだらけの進展。君らもたついてる間に、私レントゲン撮ってくるわ。

てな感じで病院内で読了。センシティブな話題を取り扱ってはいるものの、味わいライトで、検査中に読んでも人体に影響はありません。二塁打ナナコがよいですね。
図書館戦争シリーズ(未読)とコラボってるらしいけれど、劇中劇っぽい使われ方のようなので、単独で読んでも全然問題なし。

たったひとつ残念だったのは、図書館シリーズのあるエピソードにかなり詳しく踏み込んだ巻末解説。これから読む人もいるのに、なんでそういうことするかなぁ。訴えたいことはわかるけど、別作品をそこまで引用する必要性は全く感じなかった。図書館に自由があるように、読者には全く知らないお話をドキドキしながら読む権利があるぞ。

レインツリーの国 (新潮文庫 あ 62-1)
有川 浩
4101276315

« 零崎人識の人間関係/西尾維新 | トップページ | きょうのそらはどんなそら/ふくだ としお・ふくだ あきこ »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[あ]有川浩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/48869997

この記事へのトラックバック一覧です: レインツリーの国/有川浩:

« 零崎人識の人間関係/西尾維新 | トップページ | きょうのそらはどんなそら/ふくだ としお・ふくだ あきこ »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ