« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

別冊図書館戦争Ⅰ・Ⅱ/有川浩

図書館戦争シリーズの続きではあるわけですが、「別冊」と銘打たれて若干色合いが変わっております。

本編と登場人物と舞台設定は同じで時系列も連続してるけど、ドンドンパチパチがほとんどない代わりにラブラブイチャイチャが大増量。これは確実にSFではないな。「海の底」と「クジラの彼」の関係とでもいいましょうか。

あとがきによると、

「別冊図書館戦争」の「別冊」は、「別冊花とゆめ」とか「別冊マーガレット」とかそんな感じの「別冊」です(後略)

・・・わからんがな!高校生の頃、別マは読んでたけどマーガレットは読んでないし!関係ないけど!

ともあれ本編4冊を走り抜けた人は、そのままの勢いでオーバーランするといいと思います。楽しいから。ちなみに私はⅡの方が好みです。

が、Ⅱに出てくる大変気持ち悪い人。あの人、ふつふつと逆恨みを心に育て続けて、将来仕返しを企てるタイプだと思うんだけど、大丈夫でしょうか。また返り討ちだろうけど。

別冊 図書館戦争〈1〉
有川 浩
4048670298
別冊 図書館戦争〈2〉
有川 浩
4048672398

2010年8月30日 (月)

図書館戦争シリーズ/有川浩

作者ローラー大作戦中。文庫、既に弾切れ、単行本に移ります。と、このシリーズに挑んでいる最中に、文庫が出たり新刊が出たり。ああ忙しい。

星雲賞受賞作なんですよね、これ。星雲賞の守備範囲に少々びっくり。そうか、これSFか。ジャンル分けって難しい。

2019年の日本。昭和の次の元号は正化。検閲と戦うために軍隊を持った、図書館のお話。この設定、SFだろうと言われたら、まあそりゃそうね。

さて、本編は4巻。上手いこと起(戦争)・承(内乱)・転(危機)・結(革命)になってます。内乱と危機はずばり「to be continued」で終わってるし(単巻でも読めるけど)、戦争読んで気に入ったらそのままレッツ・コンティニュー。
内乱は「レインツリーの国」とクロスしているけど、別に読んでも読まなくても不都合なし。ただ私はレインツリーの解説で思わぬネタばらしにあって不機嫌になったので、この巻はシリーズ中一番印象が弱い。「承」だからいいんだけどさ。その代わり後半2冊が加速して面白かった。

アニメは危機までで構成。こっちの最終回はイマイチだと思うんだけど、全体としては面白かった。でも小牧と2回接触した意味ありげな良化隊員は、あれで出番終わりですか!そうなんですか。もったいない使い方だなぁ・・・・。

もともとが少女マンガっぽい話なので、コミック版は全然違和感がないです。

とりえあえず全てにおいて、最年少堂上班、活躍しすぎ(笑)。でも主役だから許す。

図書館戦争
有川 浩
4840233616
図書館内乱
有川 浩
4840235627
図書館危機
有川 浩
4840237743
図書館革命
有川 浩
4840240221
図書館戦争 第一巻 [DVD] 図書館戦争[DVD]

図書館戦争 第二巻 [DVD] 図書館戦争 第五巻 [DVD] 図書館戦争 第四巻 [DVD] 図書館戦争 第三巻 [DVD] 




図書館戦争LOVE&WAR 1 (花とゆめCOMICS) 図書館戦争LOVE&WAR (花とゆめCOMICS)
弓 きいろ 有川 浩

図書館戦争LOVE&WAR 2 (花とゆめCOMICS) 図書館戦争LOVE&WAR 3 (花とゆめCOMICS) 図書館戦争LOVE&WAR 4 (花とゆめCOMICS) 図書館戦争LOVE&WAR 5 (花とゆめコミックス) 


図書館戦争SPITFIRE! (1)
有川 浩 ふる鳥 弥生
4048670778

2010年8月20日 (金)

ストーリー・セラー/有川浩

結論から言うとまたボロ泣き。

現在、私は有川浩全作品制覇を目指してローラー作戦中なわけですが、早々に文庫弾が切れたので図書館戦争シリーズに挑んで全巻読破、勢いに乗ってコミック版もアニメ版も突破、さてそろそろ次か、というところで届きました。新潮社ストーリーセラー編集部によるアンソロジー「Story Seller」掲載分をSide:A、これにSide:Bが書き下ろされた単行本。本日発売。そもそもが有川ローラー作戦は、「Story Seller」の特大ホームランから始まっているわけなので、当然即読み。

Side:Aは再読なので泣くにしたっておとなしいもんだったけど、その助走がある分Side:Bで涙も出血大放出。途中で鼻炎まで併発してもう大変。色んなとこから水分出まくり。ああ苦しかった。

アンソロの方を読んで好きだった人は読むべきです。アンソロの方で泣いた人はまた泣く可能性が高いです。アンソロの方でボロ泣きした人は電車で読むの避けましょう。

ストーリー・セラー
有川 浩
4103018739

2010年8月 6日 (金)

なみだめネズミ イグナートのぼうけん/乙一・小松田大全

予約してたことを忘れてた。発売日に届いてた。ええ、きっぱり作家読み。いつでも新刊、待ってます、乙一センセイ。

ちっぽけなみすぼらしいネズミのイグナートのお話。実は途中でちょっと涙しました。さっすが。一応高学年向けと書かれているので児童書なんでしょう。ああ、夏休みに読むにはいいかもね。絵も素敵なんたけど、手書きで書かれているイグナートの言葉が可愛い。

とりあえずオレグさんは怖いです。

なみだめネズミ イグナートのぼうけん
乙一/小松田大全
4087805743

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ