« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月23日 (木)

もいちどあなたにあいたいな/新井素子

OPENINGとENDINGは好きなんだけど。
どうにも澪湖がうっとうしい。
つまり、読者である私が年をとってしまったんだなー。
でも、また新刊が出たら読むと思う。もうこれはスリコミ。

もいちどあなたにあいたいな
新井 素子
4103858028

2010年9月19日 (日)

有川浩作品ローラー作戦結果

せっかく仕掛けましたので記しておこうかと。
有川浩ローラー作戦直後の面白かった度ランキング。
実施期間:2010年7月~2010年9月。
思いの他時間がかかったのは、図書館戦争のアニメやらコミックやらに寄り道していたせい。

ストーリー・セラー
海の底
クジラの彼
キケン
シアター!
空の中
阪急電車
ラブコメ今昔
三匹のおっさん
◇図書館戦争シリーズ
 ∟危機
 ∟別冊Ⅱ
 ∟革命
 ∟別冊Ⅰ
 ∟戦争
 ∟内乱
塩の街
植物図鑑
フリーター、家を買う。
レインツリーの国

改めて並べてみると、自分の好みがよくわかって笑えます。
『ストーリー・セラー』はもう、この時の衝撃が大きすぎて、これを超えるのはなかなか難しい。
『レインツリーの国』はどうにも私、解説が許せないみたいです。
でもつまらない作品はひとつもなし。全作、楽しく読みました。
本の好みなんてその時の状況や気分によって変わるものなので、これはあくまでも今の気分ということで。
「もう一度読みたいランキング」だとまたちょっと変わりますしね。

これから挑む人は・・・うーん、今、話題の「阪急電車」か「フリーター、家を買う」あたりから始めるのがいいのかなぁ。
もしくは私と同様に、「クジラの彼」と「海の底」から。これだとこの作者の2大特性がわかります。
参考までに還暦を超えるうちのハハは、「ストーリー・セラー」に泣かされた勢いで私の本棚を漁って読んだ「塩の街」はお気に召さなかったようです。

2010年9月15日 (水)

さくら色 オカンの嫁入り/咲乃月音

映画を観た帰りに買って、帰りの電車で読み始めて、家に着くまでに読了。家が遠いせいもあるけど、映画の上映時間より確実に短い。
さらさらさらっと読めてしまうのが短所であり長所であり短所。

上手く映画化されたと思います。

さくら色 オカンの嫁入り (宝島社文庫)
咲乃 月音
4796673466

2010年9月11日 (土)

キケン/有川浩

全力無意味、全力無謀、全力本気。
理系のオトコノコたちの楽しくもアホらしい、学生生活のお話。ああセイシュン。

硬派な熱血くんの参謀に人当たりのいい皮肉屋を配置、というのはこの作者のお得意技ですが、今回は若干、2人の立ち位置と血が混じりましたね。メインの方がよくしゃべるし、社交的。どちらも取り扱い注意の人物は、「機械制御研究部」、略してキケンの2年生。そこに新入生が入ってくるところから物語スタート。

大学生とはアホなものでしたが、今もアホなんでしょうか。あまりにも昔のことすぎてもうわからない。でも、アホな時代を少々思い出して、楽しくも気恥ずかしい気分になりました。共学だったけど。

見開きページの演出は、なかなか効果的でした。

キケン
有川 浩
4103018720

余談ながら。
私が数年前にローラー作戦を実施した伊坂幸太郎が描いた文系男女のセイシュンが、先日文庫化された模様。久しぶりに読んだらまた泣けた。読者驚かせトリックは一回しか使えない必殺技だけど、わかって読んでてもやっぱり面白い。

砂漠 (新潮文庫)
伊坂 幸太郎
4101250251

『人間にとって最大の贅沢とは、人間関係における贅沢である』
「砂漠」に引用された、サン=テグジュペリ。
「キケン」も「砂漠」も、最大の贅沢を楽しんだ、贅沢な人たちのお話。

2010年9月時点の最新作。現時点で、この作者が単独で出している作品はこれで制覇かと思われます。有川作品ローラー作戦、ここでひとまず終了。いやいや、ほんとに楽しかった。

いつでも新刊、待ってます。

2010年9月10日 (金)

三匹のおっさん/有川浩

還暦過ぎて日が暮れて。ジジイは町を駆け巡る。

あ、ジジイと呼んではいけないのです。おっさんと呼ばないと。地域限定の正義の味方、仲良しおっさん三人組による冒険活劇。

冒険活劇の基本はもちろん、勧善懲悪の予定調和。弱気を助け強きをくじき、終わりはまっすぐハッピーエンド。

はい、最初から最後まで王道一直線のどまんなか。イマドキの若者代表・おっさんの孫息子曰く

何だこの時代劇展開。

ほんとに全くその通り。よきかなよきかな、仲良きことは面白き哉。

三匹のおっさん
有川 浩
4163280006

2010年9月 8日 (水)

フリーター、家を買う。/有川浩

この作者大好き。

という前提での話なんですが、正直この話、ラブ要素いらなかったんじゃないかと思うわけです。千葉ちゃんが不要と言っているのではないです。登場人物もストーリーも全く変えずにそれだけ抜いても、問題なく話が成立するし、そのエピソードがやや唐突でちょっともったいないかなと。

10月からドラマ化だそうで、主役は二宮くん。千葉ちゃんの役は、ドラマの方が自然なんじゃないかなー。きっとヒロインとしてもっと早く出てくるだろうから。

とかぶーぶー言ってますが、やっぱり幸せな気分になっているので満足なのです。

現代の御伽噺、まさにシンデレラ・ストーリー。全力で褒めてます。
幸せな気分になれるから、この作者のお話が好きなのです。

フリーター、家を買う。
有川 浩
4344017226

2010年9月 7日 (火)

ラブコメ今昔/有川浩

自衛隊ラブコメシリーズ第二弾だそうです。第一弾はこれ。テイストは大体同じなので、クジラが好きな人はこれも好きですよ、きっと。

自衛官たちのラブストーリーが6つ。
全部面白かったけど、選ぶならスタートから3つ。

「ラブコメ今昔」「軍事とオタクと彼」「広報官、走る」

ラブコメ今昔
有川 浩
404873850X

2010年9月 6日 (月)

植物図鑑/有川浩

家の前に落ちてたかっこいい男は草花に詳しく、料理が上手い人でした。という話。

作者曰く、天空の城では空から美少女が落ちてくるんだから、道にイケメンが落ちててもいいじゃないか、と(あとがきより)。

いいと思います。

出自がケータイ小説だそうで、一話の完結度が高い。登場人物は基本的に2人、前半はくっきり読みきり用というかサザエさん風というか、なかなか話が進まないので、「あんたたち、いつ、くっつくつもりよー」と叫びそうになった。そんな私なので、中盤以降の方がドラマが動いて好きです。ノビルのパスタ食べたいなー。

有川恋愛ものは基本的にベタベタで展開も意外ではないんだけど、そのベタな展開がたまらないというか、わかっちゃいるけどやめられないというか、私の楽しみ方はそんな感じ。

植物図鑑
有川 浩
4048739484

なんとなく拾った正体不明で料理が上手い同居人、という設定でミステリーに寄りたい場合はこちらでどうぞ。
現代物に限っていうと、北森鴻以上においしそうなお話を書く人を私は知らない。

メイン・ディッシュ (集英社文庫)
北森 鴻
4087474240

2010年9月 4日 (土)

阪急電車/有川浩

しつこいけど有川浩作品ローラー作戦中。作戦中に文庫に落っこってきた、現時点では一番最新の文庫弾。阪急今津線を舞台にしたオムニバス作品。

男の子の視点から始まるんだけど、老いたの若いの幼いの幸せなの不幸せなの取り交ぜて、数多のオンナノコが出てくるお話。以前、「女の子より男の子の方が書くの上手い」とかうっかり賢しげにほざいた私ですが、間違いでした。すみません。

やっぱり幸せな気分になりました。

2話目まで読んだところで、もしかして隠れテーマ「生」?このまま「生」の話?とか思ってた下世話な私だったんですが、そんなことはなかった。ああよかった。来年、映画化もされるそうで。主演は中谷美紀。の婚約者を寝取った友人の役は一体誰がやるんでしょうね。

ところでこれ、図書館戦争に挑んでいる最中に楽天ブックスに注文したら、「品切れでーす」というお知らせがやってきた。なんでだよ、Amazonでは売ってるのに!と憤っていたところ、すぐさま文庫発売。素晴らしい楽天、よくやった。

出来る限り本屋での定価で購入を目指しているものの、定価が安くなる分にはもちろん歓迎。単行本、持ち歩くの重いし。

という理由により、今回のリンクは楽天。

阪急電車

阪急電車
有川浩

2010年9月 2日 (木)

温かな手/石持浅海

人間のエネルギーを主食とする未知なる生命体。

うわ、これは図書館戦争よりよっぽどSFだけどこちらはミステリー。ジャンル分けって難しい。。。いや、面白ければカテゴリーなんて何でもいいんだけどさ。

探偵役は未知なる生命体の兄と妹。兄は女性と同居し、妹とは男性と同居中。魂が汚いとエネルギーもまずいそうで、そのおめがねに適ったよい人間たちが同居相手。

連作短編でそれぞれはコンパクトに面白い。でも私はこの終わり方、あんまり好きじゃなくて、でもこのときにも同じこと言ってた割に、次を読んでしまうのは、どうやら私この作者は好きみたい。

未知なる生命体、ギンちゃんとムーちゃんがいると、無駄なカロリーを吸い取ってくれるから、いくら食べても太らない。何ならうちに来てくれてもいいよ。魂みがいとく。

温かな手 (創元推理文庫)
石持 浅海
4488493025

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ