« 西巷説百物語/京極夏彦 | トップページ | 罪・万華鏡/佐々木丸美 »

2010年10月23日 (土)

邪魅の雫/京極夏彦

「買ったはいいけど読まずに置いてある本」たち強化期間。2006年発売、埋蔵期間4年。

巷説百物語シリーズは愛してるけど、百鬼夜行シリーズは好き。それはLOVEとLIKEの差であり、ノベルズ買った後で文庫を買うかどうかの差。まぁどうでもいいことだけど。

久しぶりの憑き物落としは久しぶりすぎてなかなか進まず、電車の中で読んでは寝て、布団の中で読んでは寝た。徒に持ち歩いてばかりいたのであっという間にくたびれる外見。
という感じでのたのた読んでいた前半だったのだけど、中盤、いつものメンバーが出てきたらあら不思議。あっという間に止まらなくなり、読み終わったら朝の4時。起きたら8時半。約10年ぶりの寝坊である。不覚。という事態になりたくない方は、平日の夜に読むの避けた方がよろしいかと。

前作読んでからインターバルが空きすぎて、「伊豆」とか「軽井沢」とか言われてどの事件だっけ?と悩むことしばし。でも確認してたら読み終わるのが来年になるので、そのまま進む。「姑獲鳥の夏」から作中時間だと2年経ってないってすごいなそれ。
今回の話の中心は探偵。でもほとんど出てこない。その代わり?鬱病の小説家やお調子者の探偵助手、左遷中の警察官が今回みなさんかなりマトモ。

拝み屋はまぁ、いつも通り。

邪魅の雫 (講談社ノベルス)
京極 夏彦
4061824384

« 西巷説百物語/京極夏彦 | トップページ | 罪・万華鏡/佐々木丸美 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[き]京極夏彦」カテゴリの記事

コメント

半分まではキツかったです。話は発散するし、語り手数人が病気だし。
探偵大好きですが、今回は探偵らしくないですね。
あの立ち位置じゃ仕方ない・・・。

やっと出てきた拝み屋が、延々世間話を始めた時は「ええええ?」
と思いましたが、「甲」・・・「甲」のあたりはさすがだなと。

前作はひたすら気持ち悪かったですが、
今回は邪・悪を突きつけられてエグかったです。

> 魔女ちゃん。

既に「前作ってどれだっけ?」状態になっていて調べてしまった。
鳥ね。
あれは確かに気味が悪かったけど、百鬼夜行は多かれ少なかれ気味が悪いような。。。
ま、怪談だしね。
由良さんちは百物語とクロスするんだよね。

私も探偵は好きなので、次回は普通におかしくなってて欲しいな。
あるのか、次回。

その欲求不満は、百器徒然袋を読んで解消しました。
「にゃんこぉ!」
その他の人々も(京極堂まで)悪ノリしているので、徒然袋は好きです。

> 魔女ちゃん

私は探偵と京極堂が同時に振り向いて主人公が
「なんだかすごく怖かった」(記憶で書いてるので違うかも)
と言ってる場面が実は一番好き。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/49834045

この記事へのトラックバック一覧です: 邪魅の雫/京極夏彦:

« 西巷説百物語/京極夏彦 | トップページ | 罪・万華鏡/佐々木丸美 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ