« 死者のための音楽/山白朝子 | トップページ | 火天風神/若竹七海 »

2011年2月28日 (月)

第六の大罪 伊集院大介の飽食/栗本薫

久しぶりに伊集院大介。どのくらい久しぶりかというと、コレ以来。どうもこのときに、ちょっと心が離れてしまったらしい。

その間に作者も亡くなってしまい、もう新作は読めないんだなぁと思ったら切なくなって、未読をちょこちょこ揃えている。

七つの大罪の6つ目は「暴食」。ということで、食に関する短編が4つ。ワトソン役はアトム君。

謎解きに重きがおかれていないのは最近の傾向だったけれど、何より「時代との乖離」が感じられない昔ながらの伊集院大介話で、それが大変嬉しかった。

第六の大罪 伊集院大介の飽食 (講談社文庫)
栗本 薫
406276198X

« 死者のための音楽/山白朝子 | トップページ | 火天風神/若竹七海 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

[く]栗本薫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/50999190

この記事へのトラックバック一覧です: 第六の大罪 伊集院大介の飽食/栗本薫:

« 死者のための音楽/山白朝子 | トップページ | 火天風神/若竹七海 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ