« 津波てんでんこ-近代日本の津波史/山下文男 | トップページ | 仙台ぐらし/伊坂幸太郎 »

2011年6月27日 (月)

欲ばりたい女たち/白石 まみ

32才の女が4人。

なんだまだまだ若いじゃん、と今なら思いもするけれど、実は女の人生には5年ごとにメモリがついていて、35のメモリはなかなか大きい。産むのか産まないのか、産めるのか産めないのか。いえいえ、40前後で出産している人もめずらしくはない昨今ですよ。わかってますわかってます、でも、自分の人生にコドモを存在させたいのかどうかは、年齢が上がるほど自分で判断しなくちゃならないでしょ。そもそも一人じゃ作れないし。

というようなことをつらつら考えてしまうお話です。年齢によって、立ち位置によって、楽しみポイントが違うんじゃなかろうか。30代って色々面倒なんだよね。

なんとなく「女たちのジハード 」を思い出したけれど、あれも読んだの20代の頃だったからなー、今読んだらだいぶ印象が違うのかもしれない。

帯コピーがなかなか素敵。「みんな手にしてるのに、なぜ私だけ。」
幸せは、人と比べるものではありません、と言われつつ自らにも言い聞かせつつ、それでもやっぱり思うことはあるのでね。特に私なんて基本属性卑屈だし。

20代女子は安心して、30代女子は警戒して、40代女子は諦観して読みましょう。

欲ばりたい女たち
白石 まみ
4344019873

« 津波てんでんこ-近代日本の津波史/山下文男 | トップページ | 仙台ぐらし/伊坂幸太郎 »

*小説(国内)」カテゴリの記事

コメント

30代、ただ楽しむには経済力と体力とどちらもそこそこあっていいんだけどね。
それに任せてると35のメモリはとっくにオーバーという落とし穴。( ぼーっとしてる自分がわるいんだが。 )世の中の大半の人が成し遂げているのだから、自然に何かが起こるのかと思っていたけど、そうでもないらしい。
若い女子にはそこんとこ一度真剣に考えた方がいいよ、とおすすめしたいわ、と諦観する40代であった。

> こさ同さん。
そうそう、小学生が中学生になって高校生になる風に進むのかと思ってた時代もあったね。
「大して仕事ができるわけでもないが、食べていくために働き続ける独身女」
という設定の登場人物はこの話にはいないんだけど、
すっごいドラマにならない属性なんだよね、それ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513835/52062426

この記事へのトラックバック一覧です: 欲ばりたい女たち/白石 まみ:

« 津波てんでんこ-近代日本の津波史/山下文男 | トップページ | 仙台ぐらし/伊坂幸太郎 »

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ