« 2011年6月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

書き下ろし日本SFセレクション NOVA5

大森望責任編集。
新作書き下ろし中篇を8つ集めたSFアンソロジー。ここまできちんと「SF」と銘打たれたものを読むのって、すごく久しぶりな気がする。
小説よりも現実の方がよほどスリルとアドベンチャーに満ちた昨今、サイエンス・フィクションの行く道はなかなか大変だ。  

好みで星をつけるなら、「スペース金融道/宮内悠介」が星5つ。初めて読んだ作家さんだけれど、面白かった。これだからアンソロジーは楽しいね。
そしてその他の星取表。

ナイト・ブルーの記憶/上田早夕里  ****
愛は、こぼれるqの音色/図子慧  ***
凍て蝶/須賀しのぶ  ***
三階に止まる/石持浅海  ****
アサムラール/友成純一  *
スペース金融道/宮内悠介  *****
火星のプリンセス 続/東浩紀  ---
密使/伊坂幸太郎  ****

つまり石持浅海と伊坂幸太郎につられたわけですが、この人たちは期待通り面白かったです。
それから図子慧。私が季刊コバルトを読んでいた時代に、コバルト・ノベル大賞を受賞した方ですよ。受賞作が海の上で始まる話だったのを覚えてる(それしか覚えてない)。まだ書いていたとは、ちょっと嬉しい。
「火星のプリンセス」は続きモノの途中らしいので、今回はパス。前作を読む機会があったら続けて読むかもしれないけど、今のところ予定なし。

NOVA 5---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)
東 浩紀 伊坂 幸太郎 石持 浅海 上田 早夕里 須賀 しのぶ 図子 慧 友成 純一 宮内 悠介 大森 望
4309410987

2012年2月18日 (土)

仙台ぐらし/伊坂幸太郎

ここまで売れている作家を好きだというのはもう気恥ずかしいが、伊坂幸太郎が好きだ。
伊坂幸太郎の作品の舞台はほとんどが仙台で、なぜなら伊坂幸太郎が仙台に住んでいるからだ。
関東出身の彼が専業作家になってからも仙台に住み続けているその訳は、きっとそこが好きだからなんだろう(本人がどこかで言っていたような気もするけれど、私の勝手な思い込みかもしれない。大人には色々事情がありましょうし、実際のところはわからない)。

そんな仙台に暮らす作家が、地元の出版社から出した、仙台を舞台にしたエッセイ集。
本人が苦手だと言っているエッセイだけれど、1冊目は面白かった。2冊目のこれだって、前半の10編はいつも通り面白い。タクシーの話、猫の話、喫茶店の話、ルンバの話、車の話。殺し屋も死神もしゃべるカカシも出てこない、いつも通りの世界のお話。電車の中なのに、何度か笑ってしまった。

ただ仙台の普通の暮らしは、2011年に大打撃を受けた。なので、後半は、その大打撃の最中、あるいは直後の話。電車の中なのに、何度か泣いてしまった。

最後に書き下ろし短編。作中に具体的な地名を出していないけれど、これは石巻を舞台にしたお話。ああ伊坂幸太郎だ。と、電車の中で安心する。

伊坂幸太郎さん、私も、楽しい話が読みたいです。

---
ネット本屋での取り扱いはBK1のみ。

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ