+アンソロジー

2012年2月26日 (日)

書き下ろし日本SFセレクション NOVA5

大森望責任編集。
新作書き下ろし中篇を8つ集めたSFアンソロジー。ここまできちんと「SF」と銘打たれたものを読むのって、すごく久しぶりな気がする。
小説よりも現実の方がよほどスリルとアドベンチャーに満ちた昨今、サイエンス・フィクションの行く道はなかなか大変だ。  

好みで星をつけるなら、「スペース金融道/宮内悠介」が星5つ。初めて読んだ作家さんだけれど、面白かった。これだからアンソロジーは楽しいね。
そしてその他の星取表。

ナイト・ブルーの記憶/上田早夕里  ****
愛は、こぼれるqの音色/図子慧  ***
凍て蝶/須賀しのぶ  ***
三階に止まる/石持浅海  ****
アサムラール/友成純一  *
スペース金融道/宮内悠介  *****
火星のプリンセス 続/東浩紀  ---
密使/伊坂幸太郎  ****

つまり石持浅海と伊坂幸太郎につられたわけですが、この人たちは期待通り面白かったです。
それから図子慧。私が季刊コバルトを読んでいた時代に、コバルト・ノベル大賞を受賞した方ですよ。受賞作が海の上で始まる話だったのを覚えてる(それしか覚えてない)。まだ書いていたとは、ちょっと嬉しい。
「火星のプリンセス」は続きモノの途中らしいので、今回はパス。前作を読む機会があったら続けて読むかもしれないけど、今のところ予定なし。

NOVA 5---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)
東 浩紀 伊坂 幸太郎 石持 浅海 上田 早夕里 須賀 しのぶ 図子 慧 友成 純一 宮内 悠介 大森 望
4309410987

2011年2月 8日 (火)

LOVE or LIKE

オーダーを少々変えて「I LOVE YOU」 再び。

6打数3安打、打率.500。(ヒットは太字)

石田衣良、中田永一、中村航、本多孝好、間伏修三、山本幸久

まぁつまりなんだ、つまりこの3人が好きなんでしょ、と言われたらその通りです。

どうでもいいことですが、私のLOVEとLIKEの区分けはこんな感じ

LOVE or LIKE (祥伝社文庫 ん 1-45)
石田衣良/中田永一/中村航/本多孝好/真伏修三/山本幸久
4396334494

2010年5月 5日 (水)

Story Seller3/小説新潮5月号別冊

3連戦の最終戦。ちなみに初戦第二戦

今回は先発メンバー大幅変更、伊坂幸太郎と本多孝好がオーダーから消えた。え、その二人いないなら読まないよ、と「1」を読む前なら思っただろうけど、有川浩がいる限り、わたくし行かせていただきます。どこにだよ。

一番:沢木耕太郎 四球(敬遠)
二番:近藤史恵 送りバント失敗
三番:湊かなえ ヒット
四番:有川浩 死球(褒めてます。面白かったです)
五番:米澤穂信 タイムリーツーベース
六番:佐藤友哉 振り逃げ(褒めてます。面白かったです)
七番:さだまさし シングルヒットで2塁まで行ってタッチアウト

沢木耕太郎、やっぱりちょっと反則な気がするけどまぁいいや。近藤史恵と佐藤友哉は、1から3まで全て同じシリーズで参加していて、近藤作品はある作品のサイドストーリーらしいが、私はそれを読んでいない。だからかどうかはわからないけど3作目にして少々飽きた。アンソロジーではなく、短編として連続して読んだら勢いで行けたかもしれないし、本編を読んでいたら感じ方が違うかもしれない。逆に佐藤作品は、連続で読んだら飽きた気がするので、この形で読んで正解。湊かなえは普通に面白く、今回の米澤作品は大好き。お目当ての有川浩は、あ、そうきますか、そうなんですか、という感じ。さだまさしは、シモダヒロヒコに集中した方がよかったんじゃないかなー。詰め込み過ぎて散漫になったと思う。長さも一番長いし。

ということで、私の感覚では、面白さ度合い、1>2>3。

Story Seller (ストーリー セラー) Vol3 2010年 05月号 [雑誌]
B003EGM3SY

2010年4月30日 (金)

Story Seller2/新潮社ストーリーセラー編集部

初戦に続いて第2試合。

始球式:沢木耕太郎
---
一番:伊坂幸太郎 ヒット
二番:近藤史恵 送りバント(褒めてます。面白かったです)
三番:有川浩 スリーベースヒット
四番:米澤穂信 内野ゴロ
五番:佐藤友哉 振り逃げ(褒めてます。面白かったです)
六番:本多孝好 サヨナラヒット

うーん少々パワーダウンかな。伊坂幸太郎は手堅く、近藤史恵と佐藤友哉は言ってみれば前回からの続き物。有川浩は1の衝撃はなかったけどやっぱり面白くて、本多孝好は今回の方が好き。残念ながら今回の米澤作品は私はダメでした。沢木耕太郎は・・・ちょっと反則な気がする(笑)。

Story Seller〈2〉 (新潮文庫)
新潮社ストーリーセラー編集部
4101366721

2010年4月24日 (土)

Story Seller/新潮社ストーリーセラー編集部

アンソロジーは恐ろしい。

並べられてしまうと、簡単に比較ができてしまって、うっかり打率を計算したりしてしまう。私は大体、それが3割くらいであれば満足する。5割超えたら大当たり。大体、アンソロになる時点で、しょうもない作品が入っていることはあまりないし。

いつでもヒットを打つ伊坂幸太郎と、好打者なのになかなか打席に立ってくれない本多孝好が入っていれば問題ないでしょう。という感じでプレイボール。

一番:伊坂幸太郎。ヒット。
二番:近藤文恵。送りバント。(褒めてます。面白かったです)
三番:有川浩。・・・場外ホームラン。

ここでボロ泣きしてしまってサスペンディッド。その後の作品、あまり覚えていられず、うっかり伊坂幸太郎も忘れるところだった。

気を取り直して改めて。

四番:米澤穂信。セーフティーバント。
五番:佐藤友哉。振り逃げ。(褒めてます。面白かったです)
六番:道尾秀介。ツーベースヒット。
七番:本多孝好。タッチアップ用外野フライ。

いや、打席の結果は私の感覚で適当なんだけれど、つまらない作品はひとつもなかったということでいい試合でした。特大ホームランも見られたし。

Story Seller (新潮文庫)

新潮社ストーリーセラー編集部
4101366713

2006年4月18日 (火)

Teen Age

「最近評判の女性作家陣で攻めてみました」な本。

7打数2安打、打率.286。(ヒットは太字)

角田光代瀬尾まいこ、藤野千代、椰月美智子、野中ともそ、島本理生、川上弘美

川上弘美以外はすべて2004年の「小説推理」に掲載で、しかも掲載順通りに並んでいないということは、意図的に並びを変えたんだろう。そう、アンソロジーは並び順が大変重要で。

ほとんどの話の主人公が女の子で、女の子の友達がいて、彼氏がいて、鬱屈していて、でも軽くドライで。トーンがみんな似ているものだから、後半に行くにつれなんだか飽きてしまった。素材は違うけど味付けが同じ料理を並べられた感じ。川上弘美が3人目にいたら、太字にしたなぁ、きっと。

いえ、それぞれの話は結構面白かったんですが。

そんな中でちょっと味が違ったのが瀬尾まいこ。この作者も、作品数はそんなに多くないけど外れがない。これからの方は、坊ちゃん文学賞受賞のデビュー作「卵の緒」からがオススメ。

Teen Age

2006年4月 9日 (日)

七つの黒い夢

「ホラーを書ける最近評判の作家陣で攻めてみました」な本。

7打数3安打、打率.426。(ヒットは太字)

乙一恩田陸北村薫、誉田哲也、西澤保彦、桜坂洋、岩井志麻子。

早い話がハッピーエンドが好きで不条理に弱いと。ついでに怖い話も苦手。じゃあ読むな、って感じですが、乙一が好きなのでね。乙一先生、新刊は・・・。

七つの黒い夢

2005年9月 6日 (火)

I Love You

「切ない系男性作家陣で攻めてみました」な本。

6打数4安打、打率.666。(ヒットは太字)

伊坂幸太郎、石田衣良、市川拓司、中田永一、中村航、本多孝好

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ