-雑記

2010年12月31日 (金)

2010年読んだ本 ベスト3

一瞬も迷いません。

1.閉鎖病棟/帚木蓬生

2.ストーリー・セラー/有川浩

3.ツ、イ、ラ、ク/姫野カオルコ

私にしては女性作家の本を沢山読んだ、なかなか楽しい読書年間でした。

2010年9月19日 (日)

有川浩作品ローラー作戦結果

せっかく仕掛けましたので記しておこうかと。
有川浩ローラー作戦直後の面白かった度ランキング。
実施期間:2010年7月~2010年9月。
思いの他時間がかかったのは、図書館戦争のアニメやらコミックやらに寄り道していたせい。

ストーリー・セラー
海の底
クジラの彼
キケン
シアター!
空の中
阪急電車
ラブコメ今昔
三匹のおっさん
◇図書館戦争シリーズ
 ∟危機
 ∟別冊Ⅱ
 ∟革命
 ∟別冊Ⅰ
 ∟戦争
 ∟内乱
塩の街
植物図鑑
フリーター、家を買う。
レインツリーの国

改めて並べてみると、自分の好みがよくわかって笑えます。
『ストーリー・セラー』はもう、この時の衝撃が大きすぎて、これを超えるのはなかなか難しい。
『レインツリーの国』はどうにも私、解説が許せないみたいです。
でもつまらない作品はひとつもなし。全作、楽しく読みました。
本の好みなんてその時の状況や気分によって変わるものなので、これはあくまでも今の気分ということで。
「もう一度読みたいランキング」だとまたちょっと変わりますしね。

これから挑む人は・・・うーん、今、話題の「阪急電車」か「フリーター、家を買う」あたりから始めるのがいいのかなぁ。
もしくは私と同様に、「クジラの彼」と「海の底」から。これだとこの作者の2大特性がわかります。
参考までに還暦を超えるうちのハハは、「ストーリー・セラー」に泣かされた勢いで私の本棚を漁って読んだ「塩の街」はお気に召さなかったようです。

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ