[み]三浦しをん

2010年11月 3日 (水)

ロマンス小説の七日間/三浦しをん

主人公の翻訳家が訳しているロマンス小説と、彼女と恋人の実生活が、交互に出てくる多重ミルフィーユ構成。ロマンス小説から始まるのだけど、これがどうにも受け付けられなくて、読み始めてはやめ、再挑戦しては挫折。もういいや、と読めない部分は飛ばして実生活の方から読み始めたら普通に読めたので、もうパイの部分は捨てて具だけ読む。

実生活のアレコレにつられて、とんでもない翻訳になってしまう、というのがけっこうな重要要素なんだけど、読めないものはしょうがない。ベタベタ少女マンガもハーレクインも、全然問題なくウェルカムなのにどうしてだろう?

という疑問以外の印象があまりない。ごめんなさい。

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)
三浦 しをん
4043736010

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ