[い]石持浅海

2012年2月26日 (日)

書き下ろし日本SFセレクション NOVA5

大森望責任編集。
新作書き下ろし中篇を8つ集めたSFアンソロジー。ここまできちんと「SF」と銘打たれたものを読むのって、すごく久しぶりな気がする。
小説よりも現実の方がよほどスリルとアドベンチャーに満ちた昨今、サイエンス・フィクションの行く道はなかなか大変だ。  

好みで星をつけるなら、「スペース金融道/宮内悠介」が星5つ。初めて読んだ作家さんだけれど、面白かった。これだからアンソロジーは楽しいね。
そしてその他の星取表。

ナイト・ブルーの記憶/上田早夕里  ****
愛は、こぼれるqの音色/図子慧  ***
凍て蝶/須賀しのぶ  ***
三階に止まる/石持浅海  ****
アサムラール/友成純一  *
スペース金融道/宮内悠介  *****
火星のプリンセス 続/東浩紀  ---
密使/伊坂幸太郎  ****

つまり石持浅海と伊坂幸太郎につられたわけですが、この人たちは期待通り面白かったです。
それから図子慧。私が季刊コバルトを読んでいた時代に、コバルト・ノベル大賞を受賞した方ですよ。受賞作が海の上で始まる話だったのを覚えてる(それしか覚えてない)。まだ書いていたとは、ちょっと嬉しい。
「火星のプリンセス」は続きモノの途中らしいので、今回はパス。前作を読む機会があったら続けて読むかもしれないけど、今のところ予定なし。

NOVA 5---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)
東 浩紀 伊坂 幸太郎 石持 浅海 上田 早夕里 須賀 しのぶ 図子 慧 友成 純一 宮内 悠介 大森 望
4309410987

2010年9月 2日 (木)

温かな手/石持浅海

人間のエネルギーを主食とする未知なる生命体。

うわ、これは図書館戦争よりよっぽどSFだけどこちらはミステリー。ジャンル分けって難しい。。。いや、面白ければカテゴリーなんて何でもいいんだけどさ。

探偵役は未知なる生命体の兄と妹。兄は女性と同居し、妹とは男性と同居中。魂が汚いとエネルギーもまずいそうで、そのおめがねに適ったよい人間たちが同居相手。

連作短編でそれぞれはコンパクトに面白い。でも私はこの終わり方、あんまり好きじゃなくて、でもこのときにも同じこと言ってた割に、次を読んでしまうのは、どうやら私この作者は好きみたい。

未知なる生命体、ギンちゃんとムーちゃんがいると、無駄なカロリーを吸い取ってくれるから、いくら食べても太らない。何ならうちに来てくれてもいいよ。魂みがいとく。

温かな手 (創元推理文庫)
石持 浅海
4488493025

2010年5月 7日 (金)

賢者の贈り物/石持浅海

童話、伽噺、昔話をモチーフにした短編が10編。

その謎解き、ちょっと強引じゃないのー、という回もあるけれど、全体的に明るい雰囲気でサラっと読める。ほのぼの落としてめでたしめでたしな話よりも、謎は謎のままの話の方が私は好きだった。

ということで私のお気に入りは「金の携帯 銀の携帯」と「玉手箱」。

とりあえず磯風さんが何者か気になって、夜も眠れない。なんてことはもちろんない。

賢者の贈り物 (PHP NOVELS)
4569775020

2010年2月 5日 (金)

君がいなくても平気/石持浅海

こうして抱き合っているけれど、心底君を愛しているわけじゃない。
だから僕は、君がいなくても平気だよ。

が序文。

とあるおもちゃの開発チームのメンバーが、次々と殺される。犯人は同じチームにいる自分の恋人だ、とわかってしまった男のお話。犯人探しのミステリならば、その根拠で犯人特定はあまりにも弱すぎると思うけれど、彼の思いは「犯人は彼女だ。自分の人生を守るために、それが発覚するまでに別れなければ」 なので、それはアリかな。

ただ犯人の彼女が殺人に及んだ訳は、ワタシはあまり好きじゃない。ついでに言うと、終わり方もあまり好きじゃない。数年前からこのミスで何度かみかけたこの作者、読んだのは初めてなんだけど、これはちょっとイマイチな気分。でも文章は読みやすかったし、なぜか同時にもう一冊買っているので、作者の好みはもうちょっと保留。

4334076874 君がいなくても平気 (カッパ・ノベルス)
光文社 2009-12-17


by G-Tools

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ