[こ]五條瑛

2009年11月19日 (木)

ROMES06/五條瑛

ワタシはテレビをあまり見ない。
中でも一番見ないのがドラマなのだが、なりゆきで見てしまったNHKドラマ8「ROMES 空港防御システム」 第2回。それ以来なんとなく見続けている。
ドラマのワタシの感想は、「・・・ふーん。国仲涼子が可愛いな」で、正直なところ大して面白いと思ってないのだが、登場人物(役者じゃなくてキャラクターの方)と設定は結構好き。そういう場合、原作は好みのことが多いので、ドラマの完結を待たずに手を出してみた。

西日本の沖合いに作られた「西日本国際空港」を守る人々と攻める人々のお話。飛行機と空港には、もれなくテロリストがついてくる。
「ROMES」はそこに設置された警備システムの名称。「06」の意味は読んでのお楽しみ。

最近文庫に落ちた「ROMES06」、続編の「ROMES06 誘惑の女神」(最初、女神の報酬と打ってしまった。そりゃアマルフィ)を続けて読んだけど、結論から言うと「誘惑の女神」の方がずっと面白かった。
どちらも共通して登場人物が多く、どちらもなんとなく早目の段階で黒幕はわかる(と思う)。第一作の方は、それでも先を読みたい!という推進力に欠けるし(読んだけど)、テロリストたちのキャラも動機も脆弱だった。二作目の方が悪役側は絶対魅力的。
決してつまらなくはないので、お読みになる方はぜひ2冊続けてどうぞ。2冊目だけでもストーリー的には問題ないけど、それじゃ砂村くん(一応主人公の相棒)がただの使えない人で気の毒すぎる。

ドラマはこの2冊を合わせてストーリーを作ってるみたいなので、ドラマを楽しんで見ている人は終わるまで読まない方が無難。

4198930376 ROMES06 (徳間文庫)
徳間書店  2009-09-04

by G-Tools
4198627169 ROMES06 誘惑の女神
五條 瑛
徳間書店  2009-04-20

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ