[よ]横山秀夫

2005年11月 3日 (木)

半落ち/横山秀夫

面白かったしかなり泣けた。私は。でも、そういうものは個人の感情で、大衆に一般化できないと思っているので、「全然泣けない」とか「つまらない」という人がいても別にどうとも思わない。そういう意味では、左の画像の帯にも書いてあり、とてもよく使われる「日本中が震えた」というコピーはとても嫌いだ。

だから林真理子も、「私はこういうオチは認められない」くらいでやめとけば、別に問題なかったのに。おかげではもともと好きな作家じゃなかった彼女が、すっかり嫌いになっちゃったじゃないか。あくまで私情。

※「半落ち」をめぐる直木賞騒動は、ネットなどですぐに調べられますが、未読でさらに今後読む予定がある人は、絶対にまずは本作を読んでから調べることを勧めます。順番を間違えると、作品の面白さが半減する可能性大。ネタばれってヤツです。

半落ち

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ