[な]中田永一

2011年2月10日 (木)

百瀬、こっちを向いて/中田永一

短編が4編。

表題作「百瀬、こっちを向いて」は「I LOVE YOU」、続く「なみうちぎわ」は「LOVE or LIKE」がそれぞれ初出。「百瀬、こっちを向いて」と「小梅が通る」が推しです。

LOVE or LIKE」よりも、本書の方が全体として面白かったような気がするけど、それよりその前に読み直した「I LOVE YOU」の方が楽しかったと思いきや、「吉祥寺の朝比奈くん」がその上を行く。

百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)
中田 永一
439633608X

2011年2月 8日 (火)

LOVE or LIKE

オーダーを少々変えて「I LOVE YOU」 再び。

6打数3安打、打率.500。(ヒットは太字)

石田衣良、中田永一、中村航、本多孝好、間伏修三、山本幸久

まぁつまりなんだ、つまりこの3人が好きなんでしょ、と言われたらその通りです。

どうでもいいことですが、私のLOVEとLIKEの区分けはこんな感じ

LOVE or LIKE (祥伝社文庫 ん 1-45)
石田衣良/中田永一/中村航/本多孝好/真伏修三/山本幸久
4396334494

2011年2月 6日 (日)

吉祥寺の朝日奈くん/中田永一

ズバリとは言ってないけど、95%くらいの告白をご本人がされている。中田永一と乙一は同一自分物だそうだ。例えばそれが嘘だったとしても、新刊新刊新刊とつぶやき続けた私としては、読んでない物語があるのは嬉しい。

ので読む。

あぁ確かに同一人物かも。

短編が5つ。かっこいい男の子と変態の話。というのは嘘だけど、どっちもよく出てきた気がする。とにかく全部面白かった。

ど真ん中に来たのは「ラクガキをめぐる冒険」と「三角形はこわさないでおく」。

巻末の作者略歴。「2005年、恋愛アンソロジー『I LOVE YOU』に参加」。あれ、それはこれでは?

別名でもやっぱり好きでした

恋愛小説らしく、告白してみました。

(後日追記)
カミングアウト100%

吉祥寺の朝日奈くん
中田 永一
4396633300

2005年9月 6日 (火)

I Love You

「切ない系男性作家陣で攻めてみました」な本。

6打数4安打、打率.666。(ヒットは太字)

伊坂幸太郎、石田衣良、市川拓司、中田永一、中村航、本多孝好

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ