《D》ローリー・リン・ドラモンド

2006年7月18日 (火)

あなたに不利な証拠として/ローリー・リン・ドラモンド[駒月雅子]

「あなたには黙秘する権利がある。あなたの発言は、法廷で不利な証拠として使われる可能性がある」。タイトルはこの、「ミランダ警告」のフレーズより。

ルイジアナ州を舞台にした、オムニバス形式の物語。犯人を追え!というような話ではなく、5人の女性警官の日常を比較的淡々と描いた内容。とは言っても、ごろつきを蹴り上げながら、犯人に銃を向けながら、「あなたの発言は~」と告げるのが彼女たちの日常なわけで。作者は実際、警官だった経験をもつそうで、ふとした描写がやけに生々しい。きっと警察官の日常はこうなんだろうな、と思わせる。

ところでこの本、章見出しが日英併記。2編目の章題は「味、感触、視覚、音、匂い」で、真下の原題が「Taste,Touch,Sight,Sound,Smell」。並べられるから気になってしまう。頭文字がT,T,S,S,Sときて、全部5文字単語。作者が意識してないとは思えないので、「味覚、知覚、視覚、聴覚、嗅覚」か、一気に「五感」にしちゃうだろうなぁ、私なら。

あなたに不利な証拠として

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ